スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱 ギャランフォルティス 発表 

三菱自動車工業の益子修社長は23日、都内で発表した『ギャランフォルティス』の顧客ターゲットについて、「かつてのセダンブームの主役であった団塊の世代を、もう一度セダンへと引き寄せたい」と述べた。

今はどの世代もセダン人気ないですからね~^^;いつのまにやら、ミニバン、コンパクトカー、もしくはSUVブームとどこにもセダンは出てきませんもん・・・。
つい一昔前までは、大人の車=セダンだったのになぁ~。
スポーツカーも少なくなってしまったし、とにかく肩身の狭いセダン・・・。頑張れ~~~~~!!

国内販売は月間1000台という少ない計画だが、三菱のセダン保有台数は31万台にのぼっており、新モデルで「潜在需要を掘り起こしたい」考えだ。

フォルティスの中心的な想定ユーザーは40−60歳の男性。自らも団塊世代である益子社長は、「ドライビングを楽しむというセダン本来の性能を追求したので、是非乗っていただきたい」と、同世代にアピールしている。(引用 ライブドアニュース)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。