スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダRX-8ロータリーエンジン40周年記念車発売 

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダのロータリーエンジン車発売40周年を記念した限定車『マツダRX-8ロータリーエンジン40周年記念車』を、全国のマツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて8日より発売する。

限定車…。もうそれだけで欲しい~~!!ってなりますよね^^
それにしても、40年前からずっと今でも進んでるロータリーエンジン。
今やマツダの顔になっちゃいましたが、いいですよね。
マツダさん。最近元気で^-^

マツダは、同社初のロータリーエンジン搭載モデル「コスモスポーツ」を1967年に発売し、その後も「ファミリアロータリークーペ」、「サバンナ」、「RX-7」、「ユーノスコスモ」など各種のロータリーエンジン車を生産・販売し続けてきた。現在では、燃費や環境面においてロータリーエンジン技術の向上に取り組んでいる。2007年3月に発表したマツダの技術開発長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」でも将来技術として水素ロータリーエンジンの可能性を表明した。


 『RX-8ロータリーエンジン40周年記念車』は、「RX-8 TypeS(6MT車)」および「RX-8 TypeE(6AT車)」をベースとして、「コスモスポーツ」を想起させる専用本革ブラック&センター材ALCANTARA(R)[アルカンターラ]*シートなどの内装デザイン、専用ボディカラーのマーブルホワイト、そして専用オーナメントを採用することにより、マツダのロータリーエンジン車発売40周年を記念するにふさわしい仕様としている。また、ロータリーエンジンは、ロータリー特有のスムーズな吹き上がりの良さを最大限に追求、足回りには「RX-8」専用仕様のビルシュタイン社製ダンパーや発泡ウレタン充填フロントサスクロスメンバーなどを特別装備することにより、さらに上質な走りおよび乗り心地を実現している。


 車両本体価格は、6MT車および6AT車ともに3,150,000円(税込)、販売台数は限定200台としている。
 * ALCANTARA(R)はスエード調の人工皮革で、Alcantara S.p.Aの登録商標。



■「マツダRX-8ロータリーエンジン40周年記念車」の特長は以下のとおり
ベース車

「RX-8 TypeS」(6MT車)あるいは「RX-8TypeE」(6AT車)。


特別装備
[エクステリア]

- セミグロスメッキランプベゼル(ヘッドランプ&リアコンビランプ)
- ロータリーエンジン40周年記念専用オーナメント
- ダークシルバー高輝度塗装18インチアルミホイール
- フロントフォグランプ(ブルーリフレクタータイプ)


[インテリア]

- 専用本革ブラック&センター材ALCANTARA(R)*シートおよび専用ドアトリム(ライトシルバー)
「コスモスポーツ」のユニークな内装デザインを現代風に再現。フロントシートは、運転席8wayパワーシート&電動ランバーサポート機能付。
- 専用黒革ステアリングホイール&パーキングブレーキレバー(グレーステッチ付)
- 専用黒革シフトノブ(グレーステッチ付)[6MT車のみ]
- アルミペダル&フットレスト[6AT車のみ/6MT車はベース車に標準装備]
- 撥水機能(フロントガラス/フロントドアガラス/ドアミラー)
- アドバンストキーレスエントリー&エンジンスタートシステム

 * ALCANTARA(R)はAlcantara S.p.Aの登録商標。


[エンジン/足回り]

- ロータリーエンジン
重量および回転バランスにすぐれたローターを採用することにより、ロータリーエンジン特有のスムーズな吹き上がりを追求。
- 専用エンジンカバー
- ビルシュタイン社製ダンパー
ビルシュタイン社製ダンパーを「RX-8」に初採用。スポーツ性と快適性を高次元で両立させる設計。
- 発泡ウレタン充填フロントサスクロスメンバー
発泡ウレタンの充填により、しっかり感のあるダイレクトな操舵感と路面からの振動を適切に抑制した上質な乗り心地を両立。
- 大径ブレーキ[6AT車のみ/6MT車はベース車に標準装備]
- 225/45R18 91Wタイヤ&18インチアルミホイール[6AT車のみ/6MT車はベース車に標準装備]


ボディカラー

クラシカルな印象の白系「マーブルホワイト」を専用色として採用。(引用 ライブドアニュース

限定200台…。もうないんでしょうね~^^
実際にお目にかかれる日がくるといいなぁ~~!!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。