スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキ 新型コンパクトセダン「SX4セダン」 

スズキ株式会社は、爽快な走りと快適な乗り心地の新型コンパクトセダン「SX4セダン」を設定し、7月24日より発売する。

えぇっとマイナーチェンジになるのかな??
以前からありましたよね?SX4。
最近は軽以外にもかなり力入れてますね~。スズキさん。
個人的にはワゴンRフルモデルチェンジして欲しい^^

2006年3月より欧州をはじめとする世界各地で発売し、高い評価を得ている「SX4」は、優美で力強いヨーロピアンテイストの「デザイン」、ゆとりある室内高で乗り降りがしやすい快適な「室内空間」、しっかりしたボディーと足回りがもたらす楽しい「走り」を特長とした小型スポーツクロスオーバー車である。

今回発売する「SX4セダン」は、「SX4」の特長を活かしながら、セダンならではの流麗なデザインを実現しながらも、高い居住性と515Lの大容量トランクルームの採用により実用性を高め、長距離ドライブを気持ちよく楽しめる乗り心地の良さを追求した新型コンパクトセダンである。

■「SX4セダン」の主な特長
 ・フロント周りのウエッジシェイプ(くさび形)のデザインを活かし、安定感とスピード感を演出した流麗なヨーロピアンデザインの外観とした。
 ・上質な印象のセダン専用フロントグリルとフロントバンパーを採用した。
 ・1.5L 4ドアセダンクラスの中で最大となる515L(VDA方式※)のトランクルーム容量を確保した。
 ・後席は、背もたれ部分の幅の拡大にあわせて角度を変更したことで、よりゆったりとした乗車姿勢を可能とし、快適な居住空間を実現した。
 ・SX4のスポーティーな走りはそのままに、セダン用に調整した足回りと15インチタイヤ(195/65R15)を採用し、長距離走行でもゆったりとくつろげる乗り心地の良さを追求した。
 ・低燃費と高出力を追求した1.5L・DOHC VVTエンジンを搭載した。
  ※ドイツ自動車工業会の定めたトランク容量測定法

■「SX4セダン」の主な装備
 ・携帯リモコンを身に付けているだけで、ドアの施錠・解錠、エンジン始動ができる便利なキーレススタートシステムを全車に採用した。
 ・長尺物や大型荷物の積載に便利な機能として、後席の背もたれを倒すことで室内とトランクがつながるトランクスルー機能を採用した。
 ・室内を快適に保つフルオートエアコンを標準装備した。
 ・流麗な外観デザインを損なうことのない、ガラスアンテナを採用した。
 ・専用デザインのCDプレーヤー(1.5F)、MD/CDプレーヤー(1.5G)を採用した。
 ・上級グレードの「1.5G」には、高輝度のディスチャージヘッドランプとオートライトシステムを採用した。また、側面からの衝突時の安全性を高めるSRSカーテンエアバッグとフロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備した。
 ・車体色は、紺色「ノクターンブルーパール」の他、白、黒、銀、濃灰の全5色を設定した。

■販売目標台数(年間)
 「SX4」及び「SX4セダン」  合計10,000台

■メーカー希望小売価格(消費税込み)
 商品名     グレード  エンジン    駆動・変速機   価格(円)
 SX4セダン    1.5F    1.5L       2WD・4AT     1,491,000
 SX4セダン    1.5G    DOHC VVT  2WD・4AT     1,659,000
 ・パールホワイト塗装車は21,000円高。
 ・2WD車は前輪駆動。
 ・価格にリサイクル料金は含まれない。 (引用 ライブドアニュース)

パッと見はあまり速そうに見えないんですが^^;実際の所どうなんでしょ??気になる~~!!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。