スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ デミオ フルモデルチェンジ!! 

5日に販売が開始された、3代目となる新型マツダ『デミオ』は、「パーソナルスマートコミューター」を開発目標に掲げ、大幅なコンセプトチェンジを行なっている。

最近フルモデルチェンジラッシュで、車好きにはたまりませんね~^-^
カタログだけ貰いに行くのも悪いかなぁ~^^;なんて思いながらもついつい行ってしまいます。
それにしても、今回のデミオはホントに変わりましたね~!!
ホントにフルモデルチェンジ??ってくらいしか変わってない車種もあるので、今回のはホントにびっくりしました。
かなりの変わり様ですよね。

初代と2代目のデミオは居住性に優れるボクシーな2BOXスタイルを採用し、リヤシートにもさまざまなアレンジを用意したスペースユーティリティワゴンだったが、新型デミオは全長と全高を縮小し、今までのデミオをとはまったく違うパッケージングとしている。

新型デミオの開発主査を務めた水野成夫さんは「現在はデミオよりも室内の広いハイトワゴンやコンパクトカーベースのミニバンも増え、ファミリーユースの方々の選択肢は増えていると思います。そこで新型デミオはコンパクトカーを購入されるユーザーが強く要求されるであろう、愛着のわくデザインや運転のしやすさ、経済性などを追求するために、あえて今までとは違うパッケージングを採用しました」

「また、新型デミオはボディを小型化し、徹底した軽量化やミラーサイクルエンジンの設定を行なうことで、コンパクトカーの魅力である扱いやすさと燃費性能を大幅に高めています。歴代のデミオから考えれば大幅なコンセプトチェンジということになりますが、このパッケージングは、コンパクトカー本来の姿に原点回帰したものだと私は思っています」とコメント。

新型デミオのパッケージングは、歴代モデルのような巧みなシートアレンジや優れた居住性を持ってはいないが、いっぽうで強く印象に残るエクステリアと運転がしやすいサイズを手に入れている。メインターゲットとなる女性にとって、新型デミオのようなコンパクトさにスポットを当てたパッケージングは、歓迎されるに違いない。(引用 ライブドアニュース)

ちっちゃいのにスポーティな感じもしますし、これはまた気になる車が増えちゃいましたよ!!
女性にも運転しやすそうなのもいいですね^-^

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。