スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノア・ヴォクシー 2種類のシートパターン 

新型トヨタ『ノア/ヴォクシー』には先代同様に2種類のシートパターンが用意されている。基本となるのが、いざというときに2列目シートをタンブル(折りたたみ)させて自転車などの大きなものでも簡単に乗せることができる「ワンタッチタンブルシート」。

だんだんシートアレンジもたくさん出来るようになって、やはり新型が出ると欲しくなっちゃいますね^-^
我が家のミニバン君もそろそろお年寄りだし^^;欲しいなぁ~^-^ノアちゃん^^
もう1つのシートアレンジは・・・

そしてもうひとつはヴォクシーのVとノアのGに標準装備され、ほかのグレードにはオプションで用意されている「ロングスライドマルチ回転シート」だ。回転シートは先代にも用意されていたが、新型では470mmものロングスライドが可能となった。

さらに、チャイルドシート装着時には外側に回転させることで、子供をラクに乗せたり降ろせたりすることができる「チャイルドケアモード」を新たに装備している。

新型ノア/ヴォクシーのチーフエンジニアを担当した水澗英紀さんは「新型ヴォクシー/ノアのシートパターンは先代と同じタイプの2種類を用意していますが、より実際のシーンで使いやすいチャイルドケアモードなどのアレンジを追加しています」

「新型ではワンタッチタンブルシート車も、チャイルドシートの装着時の使い勝手を考慮してセカンドシート中央を折りたたみ式としてウォークスルーを可能としています」という。(引用 ライブドアニュース)

お子さんがいるからミニバンを買うって人が多い訳ですから、こういったシートアレンジは嬉しいですね^-^
どんどん素敵な車になるんですね~!!
ますます欲しくなっちゃいそうです^^

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。