スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ ノア ヴォクシー フルモデルチェンジ!! 

6月27日、トヨタの売れ筋ミニバン、『ヴォクシー/ノア』がフルモデルチェンジを行なった。新型ヴォクシー/ノアは、先代同様に5ナンバーサイズ(「エアロ」モデルは3ナンバー)を守りながらも、室内の居住性を向上し、ワンタッチで格納可能なサードシートを開発するなど使いやすさにこだわったパッケージングを実現している。

待ってました~~~~!!
やっと出てくれましたよ。長かったです~。
1つ前のノア・ヴォクシーが大好評だったせいか、なかなかフルモデルチェンジしてくれなくて、イライラしてましたがようやくしてくれました~^-^!!
今の日本ではミニバンか軽しか売れないんじゃ??ってくらいの大人気車種ですよ。
どんな車になったのかわくわくしますよね!!

エンジンには新開発の「3ZR」型の2.0リットルを搭載。エアロモデルの上級グレードには、BMWのバルブトロニックのような、吸気バルブのリフト量を変化させることで吸入空気量をコントロールする、トヨタ初のバルブマチック機能が採用されている。トランスミッションは先代同様のCVTが組み合わされている。

新型ヴォクシー/ノアのチーフエンジニアを担当した水澗英紀さんは「新型ノア/ヴォクシーは多くの方に愛された初代の後継車として、皆様の期待に応えるべく、環境性能や室内のパッケージングを大幅に進化させています」

「さらに画期的なシート機能などを多数採用して、女性にとっても運転がラクで、扱いやすいクルマに仕上げています。新型ヴォクシー/ノアは乗る人すべてが快適に過ごせる、ミニバンの真打であり続けたいという思いを込めて開発しました」という。

事実、先代のヴォクシー/ノアはモデル末期であっても両車合計すれば、ミニバンカテゴリートップの販売台数を記録するベストセラーモデルだけに、新型を持ちわびていた人も多いはず。今回のフルモデルチェンジは、まさにファミリーユースミニバンの真打ち登場といえそうだ。(引用 ライブドアニュース)

パッと見はやはり好評だった旧型に似てますね。
ただ、ノアとヴォクシーの差別化がかなりされてて、好みに合わせて選べるのでよかったかと思います^-^
我が家はノアだね~。なんて言ってますが、買いたいのと買えるのとは別の話(涙)
しばらくは、指くわえて見てますか~^^;
試乗に行きたいですね~~~^-^

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。